頑張る人の"夢"と"元気"をサポート!感謝の気持ちを忘れずに、素直な心で、真摯な姿勢で、そして人と人とのつながりを大切にし、共に学び、共に成長発展し続けます。
中小企業診断士業務・社会保険労務士業務・行政書士業務⇒ファシリテーション

建設業離職者雇用開発助成金のご案内 [PDFはこちら(PDF)] [厚生労働省]

〜建設業離職者を雇い入れた建設業以外の事業主の方への支援制度〜

どんな助成金?

建設業に従事していた方を新たに雇入れた建設業を営んでいない事業主に対し支援を行い、建設業離職者の再就職を促進する助成金です。

雇入れた場合に助成対象となる労働者は?

○ 雇入れ日の満年齢が45歳以上60歳未満
○ 次のいずれかに該当
  ・雇入れ前1年間のうち、6ヶ月間以上、建設事業を行う事業所において建設事業に従事していた
   (事務や営業等を担当していた方もOKです)
  ・雇入れ前1年間のうち、建設事業を行っていた個人事業主又は同居の親族のみを使用する事業主であった
○ ハローワーク等の紹介により、雇用保険の一般被保険者(1週間の所定労働時間30時間以上)として雇入れること
○ 助成金の支給対象期間(1年間)及び期間経過後も引き続き雇用すること
○ 雇入れ前1年間公共職業訓練等又は緊急人材育成支援事業による基金訓練を受講していないこと

助成金の支給額は?※雇入れ1人につき

  6か月経過後 12か月経過後
中小企業 45万円 45万円 90万円
中小企業
以外の企業
25万円 25万円 50万円


その他の支給条件は?

★次の全てに該当することが受給の要件となります。
★この他にも、助成金受給の為の要件があります。
対象労働者は公共職業安定所又は有料・無料職業紹介事業者の紹介以前に、雇用の内定があった者ではないこと。
雇入れ日の前日から過去3年間に対象労働者を雇用関係、出向、派遣または請負により当該雇入れに係る事業所において就労させたことが無いこと。
対象労働者が雇入れ日の前日から過去1年間に雇入れた事業主と資本金的・経済的・組織的に密接な関連性のある事業所で就労していないこと
助成金の支給を行う際に、前々年度より前のいずれの保険年度にも、雇入れに係る事業所において労働保険料を納入していること。

助成金申請はオフィス藤井にお任せ下さい!

オフィス藤井では労務管理や経営理念の作成等による経営サポートも行っています。
  「頑張る人の“夢”と“元気”をサポート」します。

【 主 な 助 成 金 一 覧 】
労働者を一時的に休業、出向させる方に・・・
       ○雇用調整助成金及び中小企業緊急雇用安定助成金
ビジネスを始める方に・・・
       ○受給資格者創業支援助成金
       ○高年齢者等共同就業機会創出助成金
       ○中小企業基盤人材確保助成金(雇用能力開発機構)
新たに従業員を雇入れる方に・・・
       ○特定求職者雇用助成金
       ○建設業離職者雇用開発助成金
       ○試行雇用(トライアル雇発助成金
       ○派遣労働者雇用安定化特別奨励金
       ○若年者等正規雇用化特別奨励金
高齢者・建設労働者の雇用を守るために・・・
       ○定年引上げ等奨励金
       ○建設業新分野教育訓練助成金
その他助成金についてもご相談下さい。

▲トップへ戻る | ▼前ページへ戻る

ファシリテーション度診断ツール

超一流新聞[頑張る人の夢と元気をサポート!]

頑張る人の"夢"と"元気"をサポート!
感謝の気持ちを忘れずに、素直な心で、真摯な姿勢で、
そして人と人とのつながりを大切にし、共に学び、共に成長発展し続けます。